転職先の見つけ方

| 未分類 |

医療系の転職の現状としては、医療系から医療系への転職に関しては比較的楽に転職先を見つけることができるといえます。それは、どこの現場でも医療系の人材不足があるからです。それに、医療系から医療系の転職であれば、以前の職場と比較して転職したい先の病院などが自分自身のつきつめたい疾患を専門的に扱っているなど、転職理由が明白に書くことができスムーズに転職することが可能といえます。しかしながら、医療系から別の職種への転職は比較的困難な場合が多いと思われます。それは、医療系の資格が足を引くといえます。私自身、作業療法士として勤務していましたが医療という現場に合わないと思い別の仕事に就こうと画策した時代がありました。しかし、面接までに行った際には国家資格である作業療法士の資格が足を引っ張り、また医療の現場に戻られる確率もあるため採用不可となったことが何度かありました。医療系の転職の現状としては、医療系から医療系へは比較的問題なく行え、医療系から他の職種(たとえば、事務や営業など)への転職には難しい面があるといえます。そのため、医療系からほかの職へ移る場合はもう医療系へは戻るつもりがないという強い気持ちを前面に押し出さなければなりません。医療系の転職の現状としては、大なり小なりどこの病院でも自身に合わないとして別の自分の興味のある分野に特質している病院に転職するためには、自身の学会などでの発表経験や論文などそういった意欲の高さが必要であり、別の分野への転職であれば医療系に戻ることはなく、この分野をこの先ずっと続けていきたいという意志を示すことが必要なのだと思います。