仕事の適合性

| 未分類 |

ナースの転職の必要性については色々と賛否があります。一度勤務した病院等でキャリアを積んだ方が看護師としてのスキルアップにつながるとする考えもありますし、ナースの転職の必要性を感じさせることとすれば、やはり看護師の仕事にもいろいろとあり、実際に自分の求めるものとのギャップを感じてしまう職場環境というものもたくさんあるのです。たとえば、看護師として患者さんと真摯に向き合いたいと考えていても、病院側のシステムや方針などにのっとることにより、自分の進みたい道を断念せざるを得ないとか、もしくは患者さんへのケア以前に同僚や先輩との人間関係に疲弊してしまうということです。以前よりもずっとナースの転職の必要性が注目され、看護師不足も手伝って、どんどん良い条件のところに転職が可能というイメージが強くなっていますが、いまだ状況が厳しい地域は多く、過酷な勤務状況に体調を崩してしまい、看護師の資格を有しながらも、転職もできず、結局は全く関係ない仕事に就いている方も多いといいます。ただし、現在は病院勤務だけでなく、託児所等の児童関係の職場、または訪問介護などの現場で看護師が求められています。ハローワークなどで扱う求人には限りがありますし、募集が殺到しそうな分野では扱わないことも多いようなので、ナースの転職専用サイトで情報を収集しましょう。応募におけるノウハウ等のレクチャーを受けられるサイトもあるようで、ナースの転職のバッグアップに大変便利です。