MRについて

| 未分類 |

医薬情報担当者のことをMRと呼んでいます。MRとは、MedicalRepresentativeの略です。MRは、医師や薬剤師などに対して、自社の医薬品に関する品質や有効性、安全性など、患者さんの生命にかかわる重要な情報を提供することを仕事内容にする専門職です。勘違いされやすいのですが、MRは、基本は、営業職ではありません。すなわち、自社の医薬品を売りつけるためには一般の営業職が存在しているのです。医薬品の説明をするという点では、転職するためには学部が特定されるように考えられる向きもありますが、実は、MRは知識や経験がなくても転職が可能です。すなわち、MRになるためには、出身学部は関係ないといえるのです。また、異業種からMRに転職を果たした多くの人たちが、前職よりも給与をアップさせています。このように、医療系の転職の必要性は、社会的貢献度の高い職種を考えている人、または、給与アップを考えている人に、特にあるといえるのです。医療系の転職の必要性は、また、安定した業界を希望する人にもあります。ここで上げたMRへの転職のメリットとしては、専門性が高いということ、医療業界という安定した業界であるということ、さらに将来性があること、社会的な貢献度が高い職種であるということ、収入が高いということなどが上げられます。医療系の転職の必要性は、現在の職種の内容に満足できない人にとっては特に高いものなのです。