医療系の転職の現状は

| 未分類 |

医療系の転職の現状は近年多くなっております。医療系のなかでも看護師、介護系の求人分野は常に高い求人倍率となっております。医療系の転職の現状は、まず看護師については、転職率、離職率は高いのです。その根本の原因は仕事の時間が不規則になることが多いからです。昼間の勤務から夜中にかけての勤務になることは週の中でもよくあることです。そのなかで間違えることができない難しい仕事をこなしていかないといけないのです。常に緊張感を保って行う仕事は非常に大変なのです。もちろん他の女性の事務の仕事などよりも給与はいいのですが、それでもそれを不満に思い、他へ転職したり、不規則な時間帯の仕事を嫌い、一般の個人病院に転職したりするケースが多いのです。逆に介護医療系の転職の現状は求人は多いのですが、なかなか介護師になる人が少ないのが現状です。その第一の原因は給与の低さになります。介護施設は思ったよりの重労働です。単純労働で終わることはなく、介護者の状況でいろいろ行うことが変化します。もちろん夜中の介護も必要になるのですが、人手不足のため、特定の職員に集中したりして負担となってしまっているのです。厚生労働省などもこの状況を打開するための対策を行っているのですがなかなかうまくは行っておりません。せっかく介護師となって働いても仕事の大変さから転職してしまう人が多いのです。看護師と介護師については待遇面について改善が必要な職種なのです。